TOP > 会社情報 > 沿革

沿革

1938年3月 東京都江戸川区平井に個人経営にて発足
1938年3月 電車用、産業用コイルスプリング製造開始
1949年7月 有限会社菅原発条製作所となる
1949年8月 電車用及び電力設備用薄板ばね製造開始
1950年1月 電車モーター用カーボンブラシ押え渦巻ばね製造開始
1952年4月 電車用パンタグラフ向スプリング製造開始
1953年7月 株式会社菅原発条製作所となる
1965年10月 国鉄向けタワミ板製造開始
1966年1月 耐食耐熱超合金コイルスプリング及び薄板ばね製造開始
1971年2月 島根原子力発電所1号炉燃料集合体(国産第一号)ワイヤースペーサー部品及びプレナムスプリング関係部品製造開始
1971年9月 原子力発電用チャンネルファスナー製造開始
1972年11月 株式会社スガワラに商号を改称
1976年1月 BWR原子力発電用8×8タイプ燃料集合体部品及びプレナム関係部品製造開始
1976年7月 IHI真空熱処理炉導入
1982年9月 BWR原子力発電用8×8RJタイプ燃料集合体部品及びプレナム関係部品製造開始
1986年3月 BWR原子力発電用8×8BJタイプ燃料集合体部品及びプレナム関係部品製造開始
1988年11月 自動ばね試験機導入
1988年12月 ワイヤー放電加工機DW200H導入
1991年10月 IHI真空熱処理炉増設
1993年2月 GIS用ばね組立品製作開始
1993年5月 50トン試験機データレディ402導入
1994年4月 精密汎用旋盤DL65導入
1995年6月 脱フロン対策真空乾燥式炭化水素系4槽手動洗浄装置導入
1995年11月 江戸川区産業賞優良工場表彰
1998年10月 HM-35A純水製造装置更新
1999年7月 環境対策-排水処理装置改修
2000年7月 平成12年度全国安全週間優良賞を東京労働局長より受賞
2000年10月 全軸コンピュータ数値制御コイリングマシーン導入
2001年12月 島津製オートグラフ導入
2003年5月 ISO9001:2000品質保証規格認証取得
2003年11月 三次元測定機導入
2005年7月 IHI真空熱処理炉新設更新
2006年4月 ピッチングマシン導入
2006年5月 マイクロビッカース自動硬度測定器導入
2007年3月 AQ537L高速ワイヤー放電加工機更新導入
2008年6月 平面研削盤PSG63DX更新導入
2008年10月 自動ばね試験機PR05050S導入
2008年11月 倒立顕微鏡GX41導入
2009年1月 遠心バレルHS-R30X更新導入
2009年2月 定圧ばね自動機MSCC-20S3導入
2009年3月 ISO9001:2008品質保証規格認証更新
2010年8月 CPばね自動巻機導入
2014年12月 自動ばね試験機更新